今日は小鯛ささ漬のアレンジの中でも定番中の定番

「小鯛ささ漬 てまり寿司」をご紹介!

簡単だけど、とっても素敵!

お花見や、おもてなしに、人気No1!

【材料】

ささ漬…20枚
米…3合
すし酢…200cc
白ごま…1合につき大さじ1
大葉…1合につき2枚
木の芽…適量

作り方
1.大葉はみじん切りにし、一度水に放してから、水けをしっかり切っておく。
2.お米は洗ってすし飯の水加減で炊き、すし桶にあけてすし酢を回しかけ冷ましておく。
3.すし飯を3等分にして1つには大葉、1つには白ごまを混ぜる。
4.ラップにすし飯を約40g(ゴルフボール程度になるように)とり、絞って丸めておく。
5.(4)にささ漬をのせてもう一度ラップでしっかりと丸め、しばらく置いて馴染ませれば完成!

簡単だから、小さなお子様も遊び感覚で出来ちゃいますよ!

遠出は出来なくても食卓でお出かけ気分を味わいましょう!
いろいろなささ漬を用意して何種類も作れば、パーティー気分満載ですね!


桜香小鯛 半樽 70g-小鯛ささ漬の若狭小浜 丸海
桜の香りで華やかに。 北陸の冬は長く、11月から3月のお水送りの頃の5か月間は、特有の鉛色の空が覆っています。そんな空も、3月2日の「お水送り」が済み、しばらくすると青色を取り戻し、草木も芽吹きだします。特に桜の美しいピンク色は華やかでウキウキさせてくれ...
小鯛ささ漬の若狭小浜 丸海

真鯛昆布〆 半樽 70g-小鯛ささ漬の若狭小浜 丸海
養殖鯛の特徴は何といっても脂の乗り。 ひと昔は、匂いが気になると敬遠されがちな養殖鯛でしたが、 近年は匂いも少なく逆に脂があり、価値も上がってきています。脂ののった身に塩をして一晩寝かせると脂の旨みがグッと増し ねっとりとした旨みが出てきます。天然の...
小鯛ささ漬の若狭小浜 丸海