牡蠣醤

新発売 牡蠣ひしお。牡蠣そのものを凝縮。

原料は牡蠣。
広島県産の牡蠣をペースト状にして醗酵させ魚醤を作りました。
広島と言えば牡蠣。広島の海は、波が静かで潮の流れが適度にある牡蠣にとって好条件の漁場。
生育に欠かせないのは水温。
夏には水温が上昇し刺激を与え、秋口から水温が下がり栄養が豊富なプランクトンが増えてきます。
また、島や岬に囲まれた海なので、河川からの流れ込む水が牡蠣にとって好む濃度にしてくれます。
広島のたっぷりと栄養を蓄えたカキは
味と旨みの濃い牡蠣が育ち有名になりました。

若狭の牡蠣養殖
若狭の牡蠣

広島のカキを支える恵み。
島に囲まれた静かな環境。

牡蠣の美味しさの秘訣はプランクトン。
島が多く河川からの水が程よい塩分濃度の海水を作ります。
瀬戸内の海水温の差も程よく良いか気が育ちます。
その広島の牡蠣を使用した丸海独自の技術で発酵させたのが、牡蠣醤(ひしお)。
良質のプランクトンで十分栄養を蓄えたカキは
栄養と旨みの塊。
そのカキを、存分に使用した丸海の牡蠣ひしおは
通常の牡蠣ソース(オイスターソース)とは違い
磯の風味がぎっしりで、色々な料理に合います。
パスタ、チャーハン、卵かけごはんはもちろん
オイスターソースとしても使用できます。
ぜひ、一度「丸海の牡蠣ひしお」をお試しください。

若狭の生の牡蠣旨そう

じっくり熟成発酵させた牡蠣の魚醤。

ひしおは、若狭地方で古くから造られていた魚醤の事。
しかし、時代とともに魚醤文化が薄れて
現在では、しょっつる、いしるが残っている程度です。
そこで、丸海では昔の技術と現代の技術を駆使し
復活させることに成功しました。
発酵に欠かせない、温度管理から
毎日、欠かすことなく混ぜ続けるという鍛錬。
酵母菌が旨みを作り出す醤(ひしお)をお試しください。

牡蠣
牡蠣の魚醤

半年間、毎日欠かさず混ぜて
発酵させた牡蠣ひしお。

牡蠣醤

牡蠣醤を混ぜる

牡蠣の旨み凝縮「牡蠣ひしお」。

牡蠣で作った魚醤。
磯の香りと牡蠣の旨みが詰まった
牡蠣ひしお。

牡蠣ひしお
牡蠣醤
『牡蠣ひしお 大瓶 390g』

賞味期限:未開封で1年(直射日光、高温多湿をさけて保存)、開封後30日 (要冷蔵 10℃以下で保存)
価格:2,160円(税込・配送手数料別)
出荷時期:ご注文を確認後1~3営業日

原材料:かき、砂糖、食塩、たまねぎ/調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、香辛料、カカオ色素

色々な料理にご使用ください。

詳しく見る

牡蠣ひしお
牡蠣醤
『牡蠣ひしお 小瓶 140g』

賞味期限:未開封で1年(直射日光、高温多湿をさけて保存)、開封後30日 (要冷蔵 10℃以下で保存)
価格:972円(税込・配送手数料別)
出荷時期:ご注文を確認後1~3営業日

原材料:かき、砂糖、食塩、たまねぎ/調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、香辛料、カカオ色素

色々な料理にご使用ください。

詳しく見る